槍ヶ岳・穂高岳-常念岳・徳本峠2dayファストパッキング Day2 2011/09/27-28

b0220886_10233163.jpg

Into the dark...

幾度となく寒さで目が覚めたが、様々なポーズで寝てみて自分にとっての最善の温かいポーズというものが分かった(笑)これで、この装備で気温でも何とかビバークすることが出来る事が分かっただけでもめっけもんやし、また自分自身と向き合い自分を知る事ができた。これも、全て日頃のトレーニングや今までの経験のおかげ。日々精進ですな。

二日目は夜中の3時30分にi-phoneのタイマーをセットしたが、寒さでなかなかビビーから出られない。10分ほどウダウダしながら、その後起床し、朝飯のSoyJoyをトリプル食いして、出発の準備にとりかかる。

ビバーク中も行動中もだが、レインウェア目的以外にも保温着として、ホンマにこのSky High Mountain Works/Minimalist Pantsは使える!思っていたより、生地の耐久性も抜群やし、こんだけハードに使用しているのに、未だに生地が切れた事が無い。あらためてNANOファブリックの良さを思い知った。




b0220886_10322923.jpg

ツェルトを片付けたりとなんだかんだで、槍ヶ岳テント場出発は結局4時50分。当然、朝方は一日のうちでも一番寒くなる時間帯なので、気温はマイナス5度を指したまんま。ビバーク時と全く同じ服装の完全防寒装備でスタート。寝る時も行動中も頭や顔が寒過ぎて、Finetrack/Active Skin Balaclavaが手離せない。e-ventのMontane/Spectre Smockも2.5レイヤーと異なり、内側にメッシュが貼ってある分、3レイヤーで肌触りがすこぶる良いので、レインウェアとしてだけでなく、保温着として大変役立つ。温度調節もジッパーと違ってベルクロだけで開けたり閉めたりできるので疲労した身体にも楽チンやし、何より、3レイヤーで210gっていう軽さは最高。今の所、こういうランニングスタイルにおいては、個人的にはジャケットではコイツが一番信頼できるかな。

今回は気温の低さや補給の煩わしさを予測して、ハイドレーションは無しにして、Seal Line/Bottle Pocketをパックに取り付け、Hydrapak/Soft Flaskを左右ダブル持ち。最近、ロングはこの方式が多いがそんなにバンバン飛ばす山行でなければ、この補給の仕方がイージーで進み易い。

b0220886_10453235.jpg

二日目の行程は、まだ通ったことがない槍ヶ岳から真っ直ぐ降りる東鎌尾根から喜作新道を通り大天井岳へ抜けるルート。初日はクライミングセクションが多かったので、二日目はランニング要素の濃いルートで進みたかったのもあり、このルートを取った。

あえて全く予備知識も入れずに東鎌尾根に入ったので、おもったより岩場が多くテクニカルで面食らった。ただ、前日の行程に比べれば、技術的には真っ暗闇であろうが全く問題なしなので先を急ぐ。

b0220886_10523978.jpg

唯一、手強かったのが、多く出て来た木の梯子。寒さで夜露なんかが凍りつきスタンスが滑る、滑る。滑って滑落したら、このセクションもエラい目にあうので慎重に降りなくてはいけない。

b0220886_1059286.jpg

通常のフリースグローブなんかだと、こういう凍った梯子なんかを持って降りると、濡れて冷えてしまってエラいことになってしまうが、片手で僅か35gのTerranova/Tough Bagで全く濡れも冷えも無かった。この軽さで全てシームシーリングしてあるので、まさに完全防水と言える。もしもの時の保温&雨対策用予備グローブとして、この軽さは見逃せない。しかも、ミトンタイプなので、ファイブフィンガーよりも常に指がくっつけることができるので保温性が確実に高い!

b0220886_1174911.jpg

6時30分頃だろうか、東側のこれから向かう大天井岳や常念岳方面から、だんだんと夜が明けてきた。

b0220886_1192549.jpg

後ろを振り返ると、槍ヶ岳の穂先と槍ヶ岳山荘の光、月がわずかに見える。カッコ良過ぎ!

b0220886_11112065.jpg

b0220886_11155578.jpg

地面の草花はこれまた夜露が凍って、走ると足に当たって冷たいが、ミニマリストパンツと完全防水Coolmax仕様のSeal Skinz/UL Socksがあれば、ゴアテックスシューズでないメッシュアッパー素材のシューズでも濡れないし、足指の保温もでき、ビバーク時にも心強い味方になるし、寒い時期は最高のアイテム。最初、このモサッとしたフォルムが長距離時などに、フィット感など靴擦れなどどう出てくるか気になるところであったが、すでに200キロほどこれを履いて走ったりしているが一切靴擦れは無い。信頼おけるソックスですな。

b0220886_11214773.jpg

こんなバーティカルな岩場セクションもありで面白い。

b0220886_11223364.jpg

b0220886_11224620.jpg

西岳までの道程はなかなかテクニカルで走らせてはくれない(笑)

b0220886_12552889.jpg

かなり明るくなってきて、ふと振り返ると、すでにスタート地点の槍の穂先がこんなに遠くになっていた。

b0220886_1257768.jpg

b0220886_12573159.jpg

西岳を越えると、喜作新道はテンションが上がるかなり走り易い稜線。

b0220886_1301874.jpg

途中、日陰に入ると草や石がまだまだ凍りついている。

b0220886_1311137.jpg

b0220886_1312149.jpg

快適なシングルトラックが続く稜線を走っていると、いよいよ大天井岳に繋がる尾根が見えてきた。

b0220886_1324931.jpg

b0220886_133576.jpg

景色にびっくりするんかな?(笑)ビックリ平にて、水晶岳や鷲羽岳をバックにセルフタイマーで記念撮影。

b0220886_135616.jpg

b0220886_135222.jpg

ビックリ平を越えると、樹林帯を走り抜け大天井ヒュッテへ。

b0220886_1364961.jpg

b0220886_137411.jpg

最後の登りを15分ほど登っていくと大天井小屋に到着。ここでソフトフラスク用の水を500mlゲット!

b0220886_13925100.jpg

b0220886_1393827.jpg

b0220886_1395952.jpg

大天井岳から次の常念岳までは実に走り易いセクション。初日のクライミングも楽しかったが、この天気の中の走り易さは最高過ぎる。セルフでランニング写真までも撮影(笑)

b0220886_13121137.jpg

初日に進んで来た穂高から槍までの稜線がこんなに遠くに見える。我ながら、よーき進んで来たもんだ(笑)

b0220886_13134849.jpg

b0220886_1314184.jpg

b0220886_13141587.jpg

b0220886_131442100.jpg

b0220886_13161894.jpg

疲労も忘れてひたすら走りまくる。マジでこの稜線は気持ち良過ぎる。

b0220886_13163621.jpg

b0220886_1317477.jpg

常念岳までのこの登りは傾斜も激しくさすがにキツかったが、常念岳山頂到着!

b0220886_13204513.jpg

b0220886_1321226.jpg

b0220886_13211478.jpg

b0220886_13213591.jpg

常念岳からは岩場も混じるテクニカルな下りがずっと続くが、イノベイトならグリップ力が抜群なので安心してカッ飛ばせる。

b0220886_13234670.jpg

b0220886_13233235.jpg

初日の焼岳から穂高連峰・槍ヶ岳と横目に全て一望できる素晴らしい天気。

b0220886_13245444.jpg

横尾尾根を過ぎた辺りから、前からゴッツいパックを背負った人が歩いてくるなと思いきや、現在神田パタゴニアスタッフの元江坂パタゴニアのKちゃんとバッタリ。何でも、急に連休が取れたということで、のんびりソロ北アルプス縦走らしい。女一人旅シブい!どうしても明るいうちに上高地に戻りたかったので、ちょこっと話して別れたが、ホンマに、山はいろんな出会いがあって面白い。

b0220886_13304782.jpg

蝶ヶ岳ヒュッテに到着。ここで、あわよくばラーメンなんぞを食いたかったが、時間的に厳しくなるのと、本日は追い込み日ということで、ジェルで我慢してそそくさと次の目的地へ移動!

b0220886_13333393.jpg

b0220886_13334519.jpg

蝶ヶ岳からは大滝山を越え、徳本峠を目指すのだが、ここは初めて通るトレイルなんで、この日一番楽しみにしていたセクション。一旦、下りを楽しんで高度を下げた後は、また、大滝山まで登り返す。

b0220886_13365713.jpg

b0220886_13371529.jpg

b0220886_13372674.jpg

途中、きれいな湿原を通り過ぎ、大滝山荘はどんなとこかなと思っていたが、すでにクローズ。どうやら、かなり営業期間は短いみたい。

b0220886_13394595.jpg

やっと、大滝山の南峰に到着したが、登りも多く、思ったより時間がかかった(笑)

b0220886_13411259.jpg

大滝山からは中村新道というフォームを考えて走らないと一気に足がヤラれてしまうほどの急坂をどんどん下って行く。

b0220886_13424316.jpg

b0220886_13425752.jpg

b0220886_1343116.jpg

急坂を下りきると、どこまでも続く樹林帯の中のシングルトラックで人もあんまり入ってなさそうで笑みが出てしまうほどのフカフカ具合。

b0220886_19173912.jpg

b0220886_19175241.jpg

b0220886_1918625.jpg

ここは信越?斑尾?ってな位に非常に走り易い適度なアップダウンのフカフカトレイルが続く。

b0220886_19194372.jpg

b0220886_19195566.jpg

最後は下って徳本峠小屋に到着。大滝山からここまで登山コースタイムは4時間30分。すでに二日目の後半となり疲労も多くあったが、あまりにも気持ち良過ぎるトレイルでマジで走りまくり1時間30分ほどで通過。人も少ないし、ホンマにマジでヤバいトレイルっす・・・

徳本峠は歴史を感じるかなりシブい山小屋で薪で暖を取ってる感じ。いつか、訪れてみたいな。

b0220886_1926085.jpg

b0220886_19261641.jpg

b0220886_19263128.jpg

徳本峠からは明神までコースタイム1時間30分のセクションをひたすら下るのみ。これがまた、走れる下りで、疲労も忘れてこれでもかって走れてしまう。途中、幾つも沢の自然水が飲み放題でこれまた冷たくて超美味い!

b0220886_1929019.jpg

やっと、嘉門次小屋や明神館がある白沢出合に降りる。この分だと、なんとか目標としていた二日目スタートから12時間切りが達成できそうだ。

b0220886_19353470.jpg

最後はここからコースタイム1時間ほどの距離を、嫁さんがテント泊している上高地の小梨平へ走って戻るのみ。途中、スタート地点の焼岳を横目に見ながら、お風呂&ご飯を夢見て12時間切りを目指して走る。

b0220886_19394166.jpg

後半頑張ったおかげで、なんとか夕方5時の15分前に小梨平に到着!GPSによると、二日間で焼岳からスタートして時計周りにグルっと一周して総距離71キロ。アルプスには色々と行きたいコースが山ほどあるが、今回のコース取りは昔、バックパッキングで1週間位かけてやってみたかったコース。スタイルはファストパッキングと違えど、今自分が一番楽しいスタイルでなんとか気持ち良く走り抜けることができた。

終わってみると、かなり下半身の筋肉疲労がキテいたが、Newハレとこれまでの自分のフォームの意識により膝など特に痛いところは全くなし。最後はギリ間に合った小梨平の食堂で、鹿カレー&生ビールで乾杯!二日間、クライミング&トレイルランニングとほぼ全く異なるスタイルの山行だったが、道具、自身の身体とまた新たに色々な発見ができた。ハードでストイックなトリップは無雪期最後になりそうだが、個人的にとても満足できる山行ができた。

Mt.Yarigatake Thanks!

次回は道具のレポを書きますね。
[PR]

by skyhighmw | 2011-10-08 11:06 | 長野県 | Comments(14)

Commented by コッシー at 2011-10-11 00:34 x
うーむ。凄い。今までは僕も頑張ればなんとか真似できるかなって思って見てましたが、今回ばかりは絶対無理です。とうとう違う世界へ行ってしまわれたのですね。さようなら~w
Commented by skyhighmw at 2011-10-11 10:29
コッシーさん
いつもtwitterではども!みんなそれぞれの山のスタイルがあるので、それを追求していけば良しです!さようならーって(笑)
Commented by もちまる at 2011-10-12 23:51 x
はじめまして!本当にすごいですね。びっくりします。
僕も先日槍ヶ岳いってきましたが、行程の次元が違いますね。。

ところでe-ventのMontane/Spectre Smock似合っててかっこいいですね!
現在購入を検討しているのですが、オーナーさんのサイズはいくつでしょうか?
身長と併せて教えていただけるとうれしいです!
ちなみに僕は身長180cmです。
Commented by skyhighmw at 2011-10-13 00:31
もちまる さん
似合ってます!?ありがとうございます!(笑)
自分は身長177センチ、体重66キロでMサイズ使用ですね。ホンマにこのジャケットはオススメですよー。
Commented by もちまる at 2011-10-14 23:15 x
ありがとうございます!やっぱりいいですよねー!
みためもかっこいいし!
オーナーさんのはMサイズなんですね。

僕は180cm体重73kgですが、Lサイズでも大きくはないですか?
ネットで検索すると、他の商品よりはタイトな作りと記載されているので、
中に防寒着を着ることを考えるとLにしたほうがよいか悩んでいます。
くどくどすみません!
Commented by skyhighmw at 2011-10-15 11:54
もちまるさん
その体型ですと、むしろMサイズは厳しいですよ。Lサイズがベターですね。あと、中にミッドレイヤーも入れるのであれば、余計にLサイズです!
Commented by もちまる at 2011-10-15 21:06 x
どうもありがとうございます!
勉強になりました!
Lサイズ購入検討したいと思います!
Commented by vivi at 2011-10-25 08:22 x
先日、初めての槍に行ってゆくゆくは西穂~奥穂とか北穂~槍とかやってみたいなぁ~って、久々に覗いてみたら両方とも一気にやっちゃってたのね、それも一日で…
ドMの星です^^;
槍レポ、FacebookにUPしたので良かったら見て下さい。
それと、ハセツネお疲れです!
Commented by skyhighmw at 2011-10-25 12:27
viviさん
ご無沙汰です!ジャンダルムとかオモロいですが、土日は避けた方が無難です(笑)剣岳もそうですが、何が怖いって人的落石が一番ヤバいです。なんだか、バタバタしていて、やろう、やろうと思いながらまだ全然Facebookがやれてなくて、自分もがんばって立ち上げますー。また、そん時はよろしくお願いします!しかし、もう来月は立山シーズンですね!早いっすねー。今シーズンは短いGENTEMを購入予定です!ハセツネはマジで過酷でした(笑)
Commented by かわしま at 2011-10-26 13:09 x
東京に住んでいるのでお伺いできたことはありませんがいつもブログや通販でお世話になっています。
今回使用されているシューズはMudroc290ですか?
Commented by skyhighmw at 2011-10-26 21:07
かわしまさん
いつもありがとうございます!大当たりのMudroc290です!
Commented by かわしま at 2011-10-27 00:17 x
やはりMudrocですか!!
Taron212をはいていて、ファストハイク用にRoclite285を検討していたのですが、重量も近いですしMudrocとはどのような使い分けですか??
Commented by skyhighmw at 2011-10-27 11:07
かわしまさん
やはり、ネーミング通り、ロックライトは岩場のフリクションを要するセクションが多いトレイルでは有効です。例えば、今回の山行では穂高・槍区間ですね。逆に、蝶ヶ岳から徳本峠までの樹林帯やマッディなトレイルはマッドロックのようなスパイク状のソールがかなり有効です。また、マッドロックはタロンと同一でゴムスパイクのピンが少ないので、泥抜けが良いです。逆に、ロックライトはピンが多い分、泥が落ちにくいのが欠点ですが、ピンが岩へのフリクションを最大限に生かすために太めにしてピンも多めにしています。どちらのモデルも必要です(笑)使い分けですね(笑)参考になりました?
Commented by かわしま at 2011-10-28 07:23 x
うーむ、なるほど。。。
確かに両方必要ですね。。。
詳しい説明ありがとうございます!!