2012/07/28 Speedgoat50K 2012

b0220886_7572780.jpg

Speedgoat50k 2012 START!!!



b0220886_2455967.jpg

レース当日、まだ暗いうちのAM5時より受付開始だが、昨年よりだいぶこの時点でも人の集まり方が違って盛り上がりそうな予感。

b0220886_249319.jpg

Drymaxのブースもあって、レース参加者は一足参加賞としていただけた。何やら、レースディレクターのKarl MeltzerとNIck Klarkがなんかワルそうな顔して密談してます(笑)

b0220886_2505955.jpg

今年の優勝者には、こんなCOOLなGoat(山羊)のレッグ部分の剥製がトロフィーとして贈られる。ある意味グロイが、このセンスはさすがアメリカっすな(笑)

b0220886_2525299.jpg

今回のMRHCチームは全員MT110で出撃!

b0220886_2541692.jpg

いよいよ空も明るくなってきて、会場も沢山の人で熱気ムンムンになってきた。よく見たら、デカイ高級そうなカメラを持っているのは、あの「Unbreakable」を撮ったフィルマーのJB.Bennaじゃないっすか!今回もこのレースの模様をしっかり撮ってくれるのか非常に楽しみ。キリアンとクルピチカの対決なんて、ヤバいよね。

b0220886_2551159.jpg

Karl Meltzerからのブリーフィングがスタート!何気に、カールの後ろにあのKilian Jorentがいるし!!!

b0220886_2581119.jpg

スタート前に一気にレース参加者が集合してきた。

b0220886_259411.jpg

颯爽と今回のレース参加の有名オールスター達を写しに前に行く(笑)Kilian Jornet、Anna Frostを筆頭にサロモンアスリート、Anton Krupika、Max King、Nick Klarkなど勢揃い。ただ、日本のピリピリした雰囲気は全然なく、レース前にも関わらず、選手同士で会話を交わし、かなりええ感じのリラックスした雰囲気。この光景を見るだけで、こっちも興奮モノ(笑)Tonyなんて、レース最初から真っ黒に日焼けした裸にランパン一丁(
笑)お尻にSimple Bottle一本のみのSuper Minimal Style!カッコ良過ぎるわ!

b0220886_34436.jpg

b0220886_345336.jpg

b0220886_352349.jpg

ついにAM6:30スタート!とは言っても、実際はアメリカらしく、大まかなアバウトな時間でスタート(笑)スタートと共にトップ選手達がGO!案の定、Kilain Jorentがスタートダッシュ(笑)300m位、写真撮りながら自分もダッシュしてみたが、さすがにほとんど写真がブレブレ(泣)この写真だけで勘弁してくださいな。

b0220886_3134988.jpg

ここからはずっと登り一辺倒なダートロードをひたすら登って行く。

b0220886_315819.jpg

昨年はポールを使用していたのはうちらだけ位だったが、今回はかなりポール使用のランナーが多かった。しかも全員と言っていいほどBlack Diamond/Ultra Distanceやし(笑)

b0220886_3174786.jpg

b0220886_3181222.jpg

それにしても、こんなタフなレースなのに、やたらと女性の参加が多い。しかも、メチャクチャレベルが高い。登りのハイクでも、こちらがかなり頑張らないと追いつけないほどの速さでマジで激っぱや!男子はさらにだが、このユタの男女共のトレイルランニングのレベルの高さはハンパない。標高が高いのとトレイルのテクニカルさなどが、そうさせるのかもしれないが、ぜひとも、日本の女性にこのヤバさを自分の眼で見ていただきたい。結果はどうあれ、モチベーションアップの刺激には最高に違いない。

b0220886_3242797.jpg

b0220886_325477.jpg

b0220886_326769.jpg

トレイルがどこだか分からない位のガレ場も盛り沢山(笑)走るだけではないある意味アドベンチャーレースっぽいハードなレース。

b0220886_3272959.jpg

一発目のドロップバッグが置けるピーク手前には一般の応援の観客も居て、パワーをもらえる。

b0220886_330733.jpg

Black Diamondのテントがカッコ良かったエイドには、フルーツ、ポテト、ピーナツバター&ジャムパン、コーラ、レッドブルなどかなりの充実っぷり。しかも、みんなスタッフの方々が優しい優しい。ボトルに何を入れて欲しいと聞いてきて、全部スタッフの方が入れてくれるし、ゴミまで取って捨ててくれる。マジ、このカインドさは素晴らしい。

b0220886_3371549.jpg

b0220886_3383325.jpg

b0220886_3431529.jpg

今回のレースで一番感動したセクションが、この桃源郷のようなお花畑。カメラマンの多くが、ここでランナーを撮っていたが、きっと、トップ選手のTrail Runner Magazineに載るようなええ写真が多く撮れたに違いない。昨年は雪が多くて、全くコース上にこんなに花は咲いていなかったので、今年はある意味ラッキー。3,000m級の山で、これだけの高山植物の群生は日本ではなかなかお目にかかれない。

b0220886_3443860.jpg

お花畑を過ぎると、長い長いガレ場の連続。ここで、昨年は目の前で捻挫しているランナーを見かけたほどヒドいガレ地帯。しかも、ウンザリするほど長いし(笑)ミニマルシューズのMT110ではなかなかテクニカルでキツいところだが、これも練習のうち。

b0220886_3494620.jpg

b0220886_3503285.jpg

ガレ下りをしてから、しばらくフラットを走り続けると、このレース一番標高が低くなるところのエイドステーション。Goatの着ぐるみを着たおねーちゃんと写真を撮って、ピーナツバターパンをレッドブルで流し込み、最後はpopsicle(日本でいう駄菓子屋さんに売られてそうなアイスキャンディ)をいただいてスタート!この山の中の途中でアイスが食えるってのは素晴らしいエイドっす。ハードなレースながら、こういうエイドで癒されると、再度、レースに向かう気持ちになるね。ちなみに、頭から、シャワーや水をかぶらせてもって、全身ビショ濡れ状態で写真を撮ったので、こんな写真になってます。

b0220886_14334056.jpg

b0220886_1434233.jpg

その頃、別エイドでは、クルピチカさまはランパン一丁で水を飲み干して

b0220886_14361529.jpg

b0220886_14365112.jpg

b0220886_14372269.jpg

颯爽と走り去ったらしい。嫁さんが激写しました(笑)

b0220886_3571541.jpg

フラットをしばらく戻った後は、また、ひたすら登りセクション(笑)ホンマに、よく考えたら、このレース登りか下りしかないうような気がするが、気のせいかな(笑)それでも、この白樺の樹林帯セクションは涼しくて心地良かった。

b0220886_4171.jpg

b0220886_414182.jpg

樹林帯を越え、森林限界を越えたところあたりに、何やら水が湧き出ているポイントがあり。前のおじさんがボトルに入れているのを見て、コレ飲めるの?って聞くと、very clean!pretty good!と言ってきたので、自分も飲んでみると、超冷たくて美味いこと、美味いこと。まだ、ボトルには水は入っていたが、ここで冷たい水に入れ換えて、おまけにまた頭から水をかけてリフレッシュ!

b0220886_454622.jpg

b0220886_463635.jpg

去年には無かったルートだが、この登りがキツかった。天に向かって永遠にsteepな登りが続いている気持ちになった。

b0220886_492693.jpg

b0220886_4103257.jpg

エイドを短時間で済ませるためには、フルーツ類を手にもってスタートするのが良い。特に、ぶどうは糖分豊富やし、走りながらでもこまめに食べれる。ただ、Tetsuroいわく、100マイルクラスのレースになると胃がヤラレてきて、皮の消化がしにくくなって下痢になりやすいらしいのでロングレースには注意。

b0220886_4135757.jpg

b0220886_4151180.jpg

景色、ロケーションは抜群だが、この登りがまたエグい(笑)疲労した身体にはかなりキツい登りだった。

b0220886_4173375.jpg

b0220886_4181124.jpg

ダメ押しでMt.Baldyまでの登りもハンパない。

b0220886_4201481.jpg

b0220886_421591.jpg

関門があるエイドでpopsicleのアイスキャンディをいただき、名物の涼しいトンネルを越える。

トンネルのエイドを越えてリフレッシュしてから、これから下りでスピードアップのはずだった・・・しかし、この下りで初のコースミス(泣)調子こいて、ダートロードをひたすら降りていったら、前を走っていたTetsuroとバッタリ。どうやら、グネグネしていたダートロードをどっかから横にそれて曲がらなくては行けない所を、そのまま真っすぐに降りて来てしまったよう。仕方なく、どこまで戻るかわからない登りのダートをひたすら登るハメになった。やる気をなくしてガックリとトボトボ歩いて上がる(泣)下りと登りで20-30分のロスタイム。昨年の記録である8時間を切りたかったので、かなりの残念モード。

b0220886_7451078.jpg

b0220886_745361.jpg

b0220886_746618.jpg

なんとか、気を取り直して、レースコースに復帰して、ドロップバッグが置いてあるキツい登りに取り付く。

b0220886_7532282.jpg

ドロップバッグでVESPA Hyperを一発入れて、最後のゴールまでの長い下りに突撃!

b0220886_14395690.jpg

最後は下りだけなのだが、またココが長い下りでキツい!しかも、昨年までは雪が沢山残っており、雪渓を滑りながらシリセードでも降りれたので、かなり時間短縮ができたのだが、今年は雪はどこも全くなしで、写真の通りのガレ場の連続。目印のフラッグがなかったら、いったいどこがコースなのか分からない(笑)気を取り直してせっせとダウンヒルをしていくが、ホンマにこのセクションは長過ぎるー。

b0220886_14442322.jpg

なんとか、やっとゴール!!!今年はHOKA ONE ONEのスポンサードがもの凄く、履いている選手達もかなり多かったし、このスタート&ゴール地点の宣伝も相当なものだった。

で、ゴールしてから聞いたことだが、今年のコースは昨年のコースよりパワーアップして12,000feet upだそう(笑)ってことは、累積標高が3,657m!?ってことは、海から富士山ほどの登りをコース上で走らなければならないんすか!?マジっすか?どうりでキツいはずです(笑)正に、世界最強の50キロレースですな(笑)

結果はコチラ→でどうぞ。ミスコースしてなくても、まだまだ修行が全然足りない。アメリカは強いっす。今回は他のUSA選手達を見ていて、多くの学ぶべき事が見つかった。登り時のパワーハイキングがマジで速い!今までの練習量では全く足りないし、トレーニングの内容を再度考え直し、秋に向けてよりパワーアップを目指すしかない。やはり、日本だけでちょこちょこレースに出ていてもダメ。世界を見て、もっともっと色々な事を吸収し、そこで初めて日本での良い点、悪い点を比べられるし、それで経験として蓄積できるはず。もっと、もっと日本を含めて世界の色々な山を走り込もう!

b0220886_1453531.jpg

testuroとゴール後にマッタリしていると、上位の表彰式が始まった。

まずは、女子からだが、Frosty(Anna Frost)は強い!男子入れても総合で18位!素晴らしい!

b0220886_1534941.jpg

男子はタイム的には1位Kilian Jornet(Salomon)、2位Rickey Gates(Salomon)、3位Max King(Montrail)、4位Anton Krupicka(New Balance)となったが、キリアンがいくつかのコースのポイントでショートカットというか、ストレートなラインで下っていたようで、正式な1位としては認められなかった。ヨーロッパではOKでも、ここアメリカでは国立公園なんかでもそうだが、ショートカットについてはかなり厳しいよう。

b0220886_1522314.jpg

今年から、このspeedgoat50kは、Sky Runner Race Seriesとして公式のレースとなり、3位まで賞金が出るようになったが、1位はなんと$2,500で、しかも、この場でKarlから現ナマで手渡されていた(笑)結局、賞金は順位が繰り上がり、3位がクルピチカとなった。Congratulations!!!!

b0220886_1642376.jpg

神奈川から来たYukari Fukudaさんも見事ゴール!初戦でこの成績は素晴らしい!おめでとう!!!

b0220886_15241512.jpg

Ultraspireの創設者であるBryce Thatcher氏は、息子3人、娘1人を連れてお隣のSt.Georgeからやって来た。Bryceはバシバシと選手たちの写真を撮りまくっていたし、子供達は、しっかり自分らの製品を身につけてバッチリ完走しており、かなり速かった。ホンマにrespectできる素晴らしいファミリーで、こういうメーカーだからこそ、自分もきちんと日本でも売っていきたいと思う。

b0220886_15303763.jpg

2位のMax King(Montrail)、昨年の1位で今回は10位のNick Klark(Pearl Izumi)と共に。二人とも快くサインもしてくれ、いいナイスガイした!マックスの腕はクライマーばりの血管浮きまくりのゴツい腕やし、ニックは子供を乳母車に乗せて、シブくてカッコええ良いお父様って感じ。

b0220886_15315555.jpg

つい先日行われたばかりのHardrock100の2位、今回27位のJoe Grant。レース前に会った時、調子はどう?と聞いた時から、まだまだハードロックの疲労が残っていると言っていたので、これはしょうがないだろう。足下は、ハードロックのレースに引き続き、今回のスピードゴートも、裸足サロモンSenseで走っていた。前足部は最初は少しnarrowに感じたが、履いていれば慣れてくるとても良いシューズだと言っていた。スポンサードされているArc'teryxの来年の新作Incendo Shortsのスカイブルーを穿いていたが、これがまた短めでカッコ良かった。来期はコレでキマりやね(笑)彼のブログ→はCOOLな写真で一杯で、レース中心ではなく、ホンマに山が好きって感じで、若いのにクルピチカと同じで、ランニングスタイルがホンマにカッコええんで必見!日本でもこういうスタイルがカッコええ若いランナーがどんどん出てくるといいね。

b0220886_15452186.jpg

Anna Frost(Salomon)も、Leadvilleで会ったのを覚えていてくれて、向こうから今回のレースはどうだった?と話しかけてきてくれた。goatのlegを持ってCongratulations!!!

b0220886_15474753.jpg

順位や賞金は残念だったかもしれないけど、この50キロのコースで5時間14分ってとんでもないタイムをたたき出した訳が分からないKilian Jornet(笑)ヒョロっとした優しそうな青年といった感じで、そんなに背は高くない好青年した。自分はこの眼で、実際のキリアンの走りを見れなかったのが残念でしょうがない(泣)来年辺りには日本の富士登山競争に出たいような事を言っていたようですが・・・

b0220886_15531897.jpg

Leadvilleでも会ったが、ここでもバッチリ写真を撮ってもらった(笑)しかし、自分も身長は177センチあるが、クルピチカはデカイ!!!白のサングラスと着まくって擦り切れているネルシャツについて、突っ込みたかったのだが、結局、勇気がなくて・・・(笑)

b0220886_15574927.jpg

レースディレクターのKarl Meltzer。相変わらず、マジでシブい!このドMレースのディレクターって相当大変さそうだが、ホンマにありがとう!!!二年目も楽しませていただきました!彼の人柄の良さで、きっとユタのトレイルランナーがみんな応援やボランティア、選手として毎年ここスノーバードに集合してくるのだろう。Respect!

b0220886_1615413.jpg

そうこうしているうちに、キョウヘイもゴールしてきて、ちょうどキリアンが目の前に居たので、急いで声かけて、ゴール写真より、こっちの2ショットでキメっ!ええ顔してますな(笑)

b0220886_16152438.jpg

Beyond氏もゴール!昨年のリベンジを無事にこのハードコースでキメました!素晴らしいっす!!!

b0220886_16164277.jpg

まだ日本では売っていない個人的にも超効くような気がするユタのsuperリカバリードリンクUltragenも、また今年もゴール後にULtraspireの記念rareボトルと一緒に飲ませてくれた。

b0220886_16192864.jpg

自分は今回は車の運転があるので飲まなかったが、ビール&pizzaのサービスは健在で自分もバッチリ2切れも食わせていただいた。

b0220886_16205568.jpg

b0220886_16213334.jpg

嫁さんもこのハードコースでゴール!!!このトリップ中、コロラドのLongs Peakで捻挫をしていたが、見事完走でキメっ!毎回、レースは卒業と言いつつ、十分、ドMな世界へって感じで(笑)

b0220886_16235028.jpg

b0220886_16262829.jpg

みんなお疲れさんでした!!!そして、日本から応援していただいた皆様ありがとう!!!オールスターキャストのautographは参加賞のpatagonia/capilene1T-shirtsにバッチリしてもらいましたんで、お店に拝みにきてくださいな(笑)

b0220886_16314655.jpg

Very Thanks Karl !!!!
See You Next Year!!! may be...
[PR]

by skyhighmw | 2012-07-30 16:48 | Comments(8)

Commented by Upakoko at 2012-07-30 18:09 x
Takuさんのブログはいつも臨場感があってこちらまでワクワクしちゃいます。海外レースもでてみたくなっちゃいます。旅のスタイルもぜひ真似したい。引き続きBlog更新楽しみにしてます♪
Commented by まっつんパパ at 2012-07-30 19:34 x
なんかもうね、「おお!」とか、「うを!」とか、「すげー」とかの感嘆詞と、
「ウラヤマシー」って言葉しか出てこないっすよ(笑)
みなさんほんとすばらしい!
何もかも日本とはケタ違いですね。
なんとか自分で走って飲んで食べて感じてみたいです。

ですがまあそんな簡単ではないので、
引き続きココをずっと楽しみにしてますねー!
Commented by skyhighmw at 2012-07-31 00:09
Upakokoさん
コメントサンキュー!英語もバリバリ喋れるし、upakoは絶対海外レース行くべきやで!みんなフレンドリーやし、きっと、どんどんトレイルラン友達ができてきて、毎年でも必ずや行きたくなっちゃうはず。歳とってから、あの体力がある時に行っておけば良かったと後悔する前に、今少しでも可能性があるのであれば、無理してでも行くべき!ぜひ、どうぞー。
Commented by skyhighmw at 2012-07-31 00:11
まっつんパパ さん
コメントありがとうございます!ホンマに日本とは色々な部分で異なっていて、全てスケールや適当さ具合がハンパないです。今はパパさんも忙しくて、厳しいかもしれませんが、ぜひ、落ち着いてきたら、海外トリップ実現させてくださいね。
Commented by chieko at 2012-07-31 08:49 x
おっつかれさまでしたー!!リラックスした雰囲気と、景色!!めちゃくちゃいい感じですね~!みなさん完走おめでとうございます!応援してました!毎日、更新されてるかなーとわくわくしてみてますよ~ 引き続き楽しんでください!
Commented by skyhighmw at 2012-07-31 09:20
chiekoちゃん
ハードロックお疲れさんでした!isoくんはもう疲労は抜けたかな?やっぱりアメリカの自由でピースフルな雰囲気はいいねー。連日、みんな動きまくってて、かなり疲労が出て来たけど、なかなか来れるところではないので頑張って走ってきます!あさってより、ORmショーなんだけど、これがまた立ちっぱなしで疲れます(笑)ありがとう!
Commented by よね at 2012-07-31 09:40 x
久しぶりにお店に顔出そうとブログ覗きに来たら、、、またごっついええ感じのレース走りに行ってたんですねー。景色最高でうらやましい。。。来年は出ようかな(^^ Kilianの日本招致お願いします(笑)
お疲れさんでした!
Commented by skyhighmw at 2012-07-31 14:09
よねさん
ご無沙汰してます!このレースかなりタフですが、ロケーション、レースの雰囲気とバッチリです!ぜひ、どうぞ!