2013/11/26-28 Mountain Running in Shodoshima 小豆島 Day.2

b0220886_10402990.jpg

二日目は朝一番から東側の橘という港町から千羽ヶ岳へ向かう。





b0220886_10453841.jpg

b0220886_10454966.jpg

アプローチしてから数十分で岩の基部に取り付く。昔使われていた錆びたリングボルトが多く岩に見える。

b0220886_10492099.jpg

b0220886_10493181.jpg

大きな岩壁を巻くように登山道の巻き道はきちとんあるが、今回はマウンテンランニング向けの固そうで良さげなポイントから岩に取り付き高度を上げていく。この辺の岩質は安山岩っぽく柱状になっており、フリクションの効くシューズであると登りやすい。

b0220886_10521419.jpg

b0220886_10522398.jpg

b0220886_10543997.jpg

親指岳と千羽ヶ岳。このスケール感は日本離れしていてハンパない!


b0220886_10584273.jpg

b0220886_10585258.jpg

b0220886_1059194.jpg

上部のスラブはこれぞスクランブリングという絶妙な走れる斜度の岩壁!これだけ長い距離の岩を走り上がれるエリアは日本ではなかなかないね。

b0220886_11145.jpg

b0220886_1111498.jpg

b0220886_113234.jpg

千羽ヶ岳山頂を踏み、後半は南側に向かって快適なシングルトラックを走り降りて行く。このセクションがまた走るのには最高なトレイルだった。

b0220886_1135063.jpg

シングルトラックからは林道に入りひたすら下り続けるが、林道もこんな快適な紅葉を見ながらなので苦にならない。

b0220886_1152854.jpg

b0220886_1153747.jpg

小豆島にはお遍路さんのお地蔵さんやオリーブが沢山。オリーブはホンマに至る所に植えてあってビックリ。

b0220886_1174566.jpg

橘の町に戻ってラウンド周回するためのこのお遍路みちを探すのにちょい時間がかかった。

b0220886_118507.jpg

b0220886_119157.jpg

b0220886_1191491.jpg

峠を越えて海に下り橘の集落を目指すお遍路道で、このトレイルがまたバツグンだった。

b0220886_11102188.jpg

b0220886_11103454.jpg

b0220886_11104599.jpg

b0220886_11105631.jpg

無事にラウンドして橘に戻ってきた。ハンパないスケール感の岩が登れて、快適シングルトラックあり、お遍路道ありの盛り沢山のコースが設定できて大満足。日本を代表するマウンテンランニングコースですな(笑)

b0220886_1113230.jpg

b0220886_11131433.jpg

遅めのランチを草壁港にある讃岐系うどん屋さんで食べた。うどんがなかなかのコシがあって満足!

b0220886_11151874.jpg

暗くなる前に2nd Sessionということで、前日行けなかった寒霞渓の東側に位置する星ヶ城山へ向かった。寒霞渓道路の東端のいかにも昭和の遺物と化していた太陽の丘という場所に車を駐車して寒霞渓山頂ロープウェイのピストンをしてみた。

星ヶ城山までの道程は今は人がほとんど歩いてなさそうでルートファインディングが少々わかりにくかったが、その分、地面の落葉フカフカ度はバツグン!

b0220886_11205667.jpg

b0220886_112187.jpg

b0220886_11212221.jpg

瀬戸内海最高峰816.7mの星ヶ城山、三笠山を経由して寒霞渓山頂へ向かって走った。アップダウンはちょこちょこあるものの素晴らしくトレイルランニングに適したエリアだった。

b0220886_11234952.jpg

b0220886_11235920.jpg

大賑わいの寒霞渓ロープウェイで温かいおしるこを食し、身体を温めてから再度ピストンで太陽の丘を目指す!帰りは元来た同じトレイルだが、紅葉と落葉に、人が全くいないのでハイテンションで走る事ができる(笑)

b0220886_11265267.jpg

b0220886_1127572.jpg

この日の晩は少々早めの忘年会(笑)漁師さんがやっている料理民宿で一泊させていただいたが、写真の通りで言葉は要らな(笑)新鮮なお造り、渡り蟹、白砂海老などの魚介類で盛り沢山。この価格でハンパない美味さとボリューム。一日二組しか取らないという宿だけあって、マジでヤバかった・・・
[PR]

by skyhighmw | 2013-12-02 13:46 | Comments(0)