篠山三尾山 Mountain Running 2014/12/09

b0220886_20263142.jpg

b0220886_19375832.jpg

いつも舞鶴若狭自動車道から見てて気になっていた岩壁が沢山見える篠山の三尾山に行ってみた。




b0220886_19403398.jpg

中山という集落から入り、舞鶴若狭自動車道の高架手前の鹿避けゲートを抜け駐車スペースに車を置き林道を登り出す。

b0220886_19433816.jpg

b0220886_19434692.jpg

きれいな谷水の沢を渡って杉林の中を登って行くと、いきなり壁が現れ「山岳訓練場」なり看板がドーンと!(笑)登竜門テキな難しそうな看板だが、実際は傾斜もユルく登る練習というか、懸垂下降やビレーの練習に良さげな壁だった。

b0220886_19462081.jpg

ジグザグの急登を各自トレーニングモードでひたすら登り続けると、いつの間にか植林から雑木林の自然林となり明るい雰囲気のトレイルになる頃には、一番最初のピークである東峰に到着!日本の田舎らしい景色と東に多紀アルプスの稜線が見えた。

b0220886_19495574.jpg

お次は、三つあるピークの西峰と三尾山山頂を目指す。

b0220886_19513481.jpg

b0220886_19514465.jpg

三尾山頂周辺は昔はなんと山城跡だったらしく、平らな広場になっていた。ここからの景色も最高っしたが、風が冷たくこの季節は長居はできません(笑)山頂からは南西に向かい分水界道の縦走路で鏡峠を目指す!

b0220886_19543355.jpg

途中から、先ほど登った三尾山頂とその下に広がるチャート質のスケールの大きい岩壁、そして、舞鶴若狭自動車道の高速道路が見える!(笑)

b0220886_20274083.jpg

b0220886_19582971.jpg

b0220886_2083617.jpg

b0220886_19584626.jpg

テクニカルな岩場の細尾根セクションも面白かったが、その先のトレイルが冬枯れで落葉がほぼ落ち切って、見事に落葉フカフカパウダー状態!素晴らしい自然のクッションでテンションMAX(笑)

b0220886_2002760.jpg

コレって、もしかして熊さんの爪痕じゃないっすか・・・丹波篠山もまだまだ熊居るって聞いてたからな(笑)

b0220886_2005278.jpg

当て込みハーフパイプセクションも幾つもありハシャギ過ぎた(笑)

b0220886_202561.jpg

鋸山頂まで行ったが、名前ほどはギザギザのテクニカルではなくちょいと期待外れ(笑)

b0220886_2094240.jpg

b0220886_2095224.jpg

b0220886_2010296.jpg

鋸山からは地形図によると、北に下りて行くトレイルがあるはずなのだが、どうやら最近はあまり歩かれていないらしく怪しい感じで、後半は薮漕ぎ必死そうだったので、予定変更して鏡峠まで戻り、そこから一気にダウンヒルで中山方面へ戻ることにした。

b0220886_20133088.jpg

林道を下り切ると、中山の集落と舗装路が見えて、何故か人なつこい山羊ちゃんもメーメーとお出迎えしてくれた(笑)舗装路を走って駐車した場所までラウンドして、ちょうど約10kmほどのなかなかのアップダウンの激しい岩あり沢ありの後半走れるマウンテンランニングでかなり楽しめた。冬場のこれから雪が降る前の落葉パウダー状態はよく考えたら、こっちの兵庫県北部では何気に短い期間なので、今が行き時です(笑)

b0220886_20184970.jpg

この日は晴れていたが、ほぼ5-6度前後の気温。Arc'teryx /Stride Tights、Morphic Zip Neckで走っているとちょうど良く、寒くなったりした時にHoudini Pull Overを着る感じでバッチリだった!特に、OMMレースでも大活躍してくれたMorphic Zip Neckがここまで寒くなってくるとベスト!追い込みラン時でも深くジッパーが開くので暑がりにはホンマに重宝する!相変わらず、ALTRA / ONE2は足指が使えればトレイルでも全く問題なく使えるし、こんな落葉フカフカ状態のトレイルでは、こういう足裏感覚が優れたシューズでないと走るのが勿体無いくらい気持ち良過ぎる。今回、山で初使用のHoudini / High Loft Magic Mittsが末端冷え性マンには大活躍してくれた(笑)
[PR]

by skyhighmw | 2014-12-09 20:18 | 兵庫県 | Comments(0)