Sky High Mountain Works productions

剱岳 Fastpacking+Alpine Scrambling at Mt.Tsurugi Day.1 2016/09/01-03

b0220886_13104762.jpg

b0220886_13105951.jpg

今回は移動と岩場アプローチ調査の予備日を入れた三日間で、ファストパッキングスタイルのスクランブリングの可能性を調査しに相棒と共に剱岳へ向かった。






b0220886_13164874.jpg

b0220886_1317797.jpg

b0220886_1317161.jpg

b0220886_13173657.jpg

b0220886_13175730.jpg

AM6:00出発で自家用車にていつもの立山駅へ向かい、そこからケーブル&バスを乗り継いでお昼前には立山室堂ターミナルに到着。意外に朝一で北陸自動車道を飛ばして行けば、こんな早い時間に着くのだと(笑)それでも翌日に行こうとしている岩場などのアプローチ調査をしないとヤバイので、室堂からも三日間の食料やロープ&登攀道具を入れた10kg超えのパックを背負って、出だしから走って移動(笑)喧騒のみくりが池温泉、雷鳥沢キャンプ場、別山乗越を抜けて、ちょいとボルダーやってから劔沢キャンプ場に到着。この日も天気予報では良いはずだったが、劔岳や今回目指す源次郎尾根、八ッ峰の稜線はガスなのか雲に隠れ気味。劔沢小屋にはこんな分かり易い周辺概略図が書かれて置いてあったが、れを書いた人はホンマにセンスあるなと感心。

b0220886_1334316.jpg

b0220886_13344635.jpg

b0220886_1335639.jpg

b0220886_13352068.jpg

b0220886_13353658.jpg


バックカントリーの時期であると、この劔沢はとんでもない雪の量で天然ナチュラルハーフパイプ状態で、それ以外の夏であってもいつもはこの雪渓をアイゼン&ピッケルで移動するのだが、今年の雪の少なさはハンパない(泣)いつもより雪を伝って素早く移動できるはずが、迂回路や側壁を使って進まないといけないので最良のルートファインディング探しで時間がかかった。

b0220886_13355625.jpg

b0220886_13463684.jpg

b0220886_13464512.jpg

b0220886_1347697.jpg

b0220886_13471628.jpg

途中、明後日に帰るルートで予定している源次郎尾根の取り付き、ルートのアプローチ、雪渓の崩壊などをチェックしておく。これは当日の行程が長いことが予想されるので、夜中から朝一でヘッドランプ点灯にてアプローチするので、出だしから時間を潰さないようにの調査。雪渓が見事な程にズタズタで右岸に行ったり左岸に行ったり、クラックに落ちないように進まないといけないので大変。例年だとこの平蔵谷も劔岳へのアプローチとなったり、源次郎尾根を登った後のダウンルートとして使われるが、ここまでズタズタだと厳しい(泣)

b0220886_13523250.jpg

b0220886_13524334.jpg

b0220886_13525298.jpg

b0220886_1353320.jpg

雪渓に乗ったり、側壁のスラブや木の桟道とハシゴを使わせていただき移動。途中は雪渓からの天然クーラーの冷気が吹いているので寒いくらいに快適!?(笑)

b0220886_13555550.jpg

b0220886_13561366.jpg

b0220886_13562216.jpg

b0220886_13563556.jpg

b0220886_13564454.jpg

b0220886_14164643.jpg

長次郎谷の出合いからは、カナダブランドの10本爪アイゼンHILLSOUND / Trail CramponをInov8 / X-Craw275にサクッと装着して、手には簡易ピッケルの代用としてHillbergのスノーペグ(笑)もちろん、カチンコチンに凍った急傾斜のヤバい雪渓での滑落には耐えれそうにはないが(笑)雪の少なさと使用する時間帯を考慮して、このペグの長さだと両手で持って体重をかけれるなと判断。この辺は昔はよくパッシングされたが、ちょいと前の世代のUL的発想(笑)

長次郎谷の出合にパックをデポして、翌日の予定している八ツ峰のアプローチ調査へ向かう。出合から15分ほど長次郎谷雪渓を登っていくと、右岸に大きな岩小屋が出てくるが、そこが今回の八ツ峰のⅠ・II峰間に突き上げるルンゼになる。今回はちょうど雪渓が無くなって場所が特定し易かった、その分、今度はルンゼの側壁に移るのに、雪が溶け過ぎててかなり危険だった。

b0220886_14162410.jpg

b0220886_14163422.jpg

アプローチ調査終了後はアイゼンで雪渓をダウンヒルして楽しみながら劔沢へ戻る。

b0220886_14221761.jpg

b0220886_1422313.jpg

b0220886_14223948.jpg

室堂からの昼過ぎの行動だったが、この日のやるべき源次郎尾根、八ツ峰の二つのアプローチ調査がしっかりでき、夕方5時の暗くなる前にはビバーク地としていた真砂沢キャンプ地に着けたのは上出来過ぎて初日から満足(笑)おかげでゆっくり時間もあり、キャンプする人らも誰一人いなかったので、今回の寝床であるSix Moon Design / Deschutes Plus Tarpの周りを防風性向上のために石を壁のように積み上げれた(笑)

b0220886_1428178.jpg

午後から夕方までずっとガスっていた劔岳などの山の稜線のガスもサンセット時間の頃には無くなってきて、おまけに雲もなくなってきた。この夜は明日からのハードな山行前なので、真砂沢ロッジのビールも我慢して早めに就寝とした...
[PR]

by skyhighmw | 2016-09-29 14:41 | 富山県 | Comments(0)
<< 剱岳八ツ峰-北方稜線 Alpi... 白馬鑓温泉ー祖母谷温泉 Fas... >>