Sky High Mountain Works productions

明神岳 Alpine Scrambling at Myojindake 2016/10/12-13

b0220886_2224016.jpg

b0220886_22292040.jpg

高所でのスクランブリング経験値を上げるために、今回は穂高周辺のクラッシックルートを一泊二日のファストパッキングスタイルでスクランブリングをしてきた。





b0220886_2232247.jpg

前夜出発で岐阜県の平湯峠側から沢渡入り。1時間ほど仮眠してから寒さで目を覚まし、タクシーで上高地入りして、AM7時過ぎくらいから出発。寒いので最初からみんなでジョグをして明神橋まで行く。天気予報通り晴天で気温も上がって来て汗ばんできた。これから向かおうとしている明神岳がカッコよく見える。

b0220886_22395296.jpg

b0220886_22395981.jpg

b0220886_2240978.jpg

b0220886_22402528.jpg

踏み跡を辿り、急なガレ場を幾つも超えてひょうたん池へ

b0220886_2243476.jpg

b0220886_22431764.jpg

b0220886_22444975.jpg

b0220886_2245590.jpg

b0220886_22451471.jpg

東稜の岩尾根から明神岳主稜線を向かうが、あまりの天気の良さに展望の良さ、そして快適な岩稜でみんな顔が緩みっぱなし(笑)あんまり自分は大人数で行く山行は好きではないが、今回は関東から二人、関西から自分入れて三人と計五人で、しかも日頃よりクライミングをメインで活動している連中ばかりなので、話は弾むわクライミングスキル的にも安心して一緒に進めて非常に楽しかった。側から見たら、全員オレンジのヘルメット被って何の軍団なのか(笑)

b0220886_22504679.jpg

b0220886_22505816.jpg

b0220886_22511042.jpg

b0220886_22512111.jpg

b0220886_22513898.jpg

b0220886_22515160.jpg

b0220886_2252223.jpg

前半は岩尾根という感じだったが、中盤からどんどんスクランブリングに適したセクションが多く出てきて、スピーディにグイグイ高度を稼いでいくのが楽しくてしょうがなかった。

b0220886_22543939.jpg

b0220886_22545816.jpg

b0220886_22551497.jpg

b0220886_22552577.jpg

b0220886_22553931.jpg

b0220886_22555390.jpg

あっという間に明神岳(2,931m)を越え、さらに北側の稜線を進み、前穂高岳(3,090m)山頂へ到着。明日予定している涸沢から続くギザギザのナイフリッジが続く北尾根が見える。

b0220886_2256831.jpg

b0220886_22562477.jpg

吊尾根経由で奥穂高岳(3,190m)へ。先ほどのカッコええ北尾根や眼下に涸沢ヒュッテなどのカールが見える。残念ながら紅葉はもう終わりかけ。

b0220886_2372475.jpg

b0220886_2373592.jpg

b0220886_238583.jpg

b0220886_2381495.jpg

午後からは曇ってきて、風も出てきて、影るとかなり寒くなってきた。穂高岳山荘から涸沢キャンプ地まで一気にみんなでダウンヒルして、身支度整えてまだ明るいうちからテントでマッタリ。涸沢ヒュッテのおでんをアテにビール飲んでみんなで山話しで盛り上がり、明日のスクランブリングを考えてはニヤケながら就寝...

by skyhighmw | 2016-11-23 23:15 | 長野県 | Comments(0)
<< 北穂高岳東稜&前穂高岳北尾根 ... 北岳バットレス Alpine ... >>