Sky High Mountain Works productions

仙人温泉-下ノ廊下 Day.1 2011/10/04-05 

b0220886_22574158.jpg

今回のトリップは、この時期限定にしか入山できない北アルプスの下ノ廊下、次の週には今シーズン最終営業という、日本で1-2位を争う遠さの歩いてしかいけない仙人温泉へ行ってきた。

月曜日の夜に仕事を終えて、車を走らせ長野県の扇沢へ。トローリーバスの始発7:30まで駐車場で仮眠をしてからバスで黒部湖へ。黒部ダム脇から一旦、黒部川まで激下りでウォーミングアップで降りて行く。当然、まだ朝だし、日陰の木々の中は寒いので、身体が温まるまでダウンを着ながら走る。







b0220886_2391772.jpg

b0220886_2392914.jpg

黒部川に降り立つと、もの凄い勢いでダムから水が放出されている。今回のメンバーは、自分と妻、Beyond氏

b0220886_231181.jpg

b0220886_23112363.jpg

そして、GI中村ムー。30分ほど黒部川沿いのトレイルを北に上がっていく。太陽も出て来て、身体もどんどん温まって心地良くなっていく。

b0220886_23131981.jpg

帰りはここにまた戻ってくることになるが、内蔵助谷出合に到着。ここから、今度は丸山東壁の横を通って内蔵助平を目指す。メチャクチャ水がきれい!

b0220886_2315557.jpg

至る所で、きれいな沢水が補給できて、水には全く苦労することはない。

b0220886_2317089.jpg

嫁さんは、入荷したてのInov8のウィメンズ用シューズRoclite268の初ロングテスト。かなり、調子良かったらしい。

b0220886_23191054.jpg

b0220886_23192573.jpg

紅葉はまだ少しずつはじまったばかりだが、青空のドピーカンの中、最高のULスピード・ハイキング。

b0220886_2321298.jpg

b0220886_23214539.jpg

b0220886_2322617.jpg

すでに雪をまとった剣岳、白馬連峰などが渓谷から見れて最高の景色を堪能。

b0220886_23251820.jpg

前日は雪が降ったようで、日陰にはまだ雪が残っている。

b0220886_23264934.jpg

b0220886_232727.jpg

b0220886_23271757.jpg

b0220886_2328407.jpg

ハシゴ谷乗越からの下りは、なかなかの楽しいアドベンチャラスなセクションが満載!

b0220886_23291065.jpg

途中の沢水が冷たくてメチャクチャ美味しかったー。

b0220886_23304236.jpg

剣沢の南股でしばしオニギリ休憩。

b0220886_23314627.jpg

b0220886_2332416.jpg

スピード・ハイキングと言いつつ、気持ち良い箇所はついつい走ってしまう(笑)

b0220886_23335343.jpg

増水したら、きっと、かなり上まで水が来るに違いない。

b0220886_2335228.jpg

b0220886_23345131.jpg

b0220886_2335598.jpg

剣沢の二股からの急登が続く仙人新道を登ると、最高の絶景ポイント!遠くに白馬連峰、そして、剣の三ノ窓雪渓がドカーンと見えた。

b0220886_23385880.jpg

まだまだ登ります(笑)

b0220886_23391775.jpg

ほとんど、タイムトライアル状態で仙人峠到着!

b0220886_23402842.jpg

白馬連峰を望みながら仙人池ヒュッテを目指す。

b0220886_23411846.jpg

途中、雪あり。

b0220886_23422385.jpg

b0220886_2342344.jpg

仙人池ヒュッテ横の仙人池に映る剣岳がカッコ良過ぎる。もう少ししたら、紅葉時がきっと最高なんであろう。

b0220886_23441479.jpg

仙人池ヒュッテからは仙人谷をいよいよ下って行くのみだが、なかなか険しいセクション。

b0220886_23465779.jpg

仙人池ヒュッテの水源である沢水も超美味しい!

b0220886_23475947.jpg

b0220886_23482836.jpg

b0220886_23484643.jpg

b0220886_2349721.jpg

b0220886_23493028.jpg

b0220886_23494613.jpg

以前に来た時は、まだまだ雪渓でトレイルが埋まっていたのだが、さすがにこの時期は雪は残っていない。

b0220886_23503051.jpg

まだか、まだかと待っていると、ついに、温泉の湯煙発見!キター!!!急げー。

b0220886_23522033.jpg

みんなの足取りが軽くなり、ランニングでラストスパート(笑)

b0220886_23524054.jpg

b0220886_23525940.jpg

ついに、仙人温泉小屋到着!

b0220886_23541740.jpg

ホンマに山のド真ん中の超ハードな行程を歩いてしか来れない一軒宿の温泉小屋。

b0220886_23553327.jpg

四人なので、有り難い事に離れの部屋を貸し切りで寝れることになった。やっぱり、平日休みに限りますな。

b0220886_23571524.jpg

b0220886_23583686.jpg

部屋に荷物を置いて、早速、お目当ての温泉へGO!しかも、温泉にたっぷり入りたかったので、みんなスピードハイクで進んできた。朝7時30分に扇沢を出発して、仙人温泉到着は15時過ぎのかなりのスピードで到着した。夕ご飯前まで、死ぬほど大好きな温泉時間あり(笑)

沢水でキンキンに冷やされた激ウマなビールも350ミリ缶が500円で売っているので、こんな極楽な露天風呂でビール攻撃ができる。

b0220886_04672.jpg

b0220886_044428.jpg

女性専用風呂もあり!湯船からは白馬連峰の絶景もビールを飲みながら見ることが可能。

b0220886_063241.jpg
b0220886_065321.jpg
軽量化が必要で、こんな身体が洗える山&温泉トリップには、Finetrack/Nano Handkerchiefがバッチリ使える。石けんなくても、身体がきれいに洗えるし、業界トップクラスの軽量さ。かなりオススメっす!

b0220886_0102413.jpg

b0220886_0104123.jpg

もちろん、男子風呂からも白馬連峰の絶景が望めるし、この日は夕日に照らされる白馬が見れた。

b0220886_0122149.jpg

モザイクありなのでご安心を!(笑)

あまりの極楽さにBeyond氏も風呂で天国逝ってます(笑)もちろん、源泉掛け流しで、泉温はかなり高いので、冷たい沢水で薄めながら、いくらでも適温で露天風呂に入っていられる。

b0220886_016215.jpg

結局、夕ご飯の18時ギリギリまで、みんな温泉三昧。そうそう、ここは高天ヶ原温泉と同じく、キャンプできる場はないので、ゆっくりこの快適な宿で泊まって、最高な温泉を堪能しましょう!

b0220886_018304.jpg

b0220886_0184415.jpg

こんな、山奥でこんなご飯が食べれるのはホンマに最高!採りたてのアザミの天ぷらなど、温泉でお腹空かしたので、余計に美味しく感じた。

b0220886_0211058.jpg

そして、小屋の主人によるギターリサイタルで夜は更けていく・・・
[PR]

by skyhighmw | 2011-10-13 00:22 | 富山県 | Comments(0)
<< 2011/10/04-05 仙... 槍ヶ岳・穂高岳-常念岳・徳本峠... >>