Sky High Mountain Works productions

2012/02/29 Backcountry Snowboarding in 野谷荘司山

b0220886_12584025.jpg

今シーズンはええ雪があまりに降ってくれるので、ゲレンデのパウダーで満足していたが、そろそろハイクアップがしたくてたまんなくなってきたので、今回は岐阜県白川郷の野谷荘司山(のだにそうじやま)へ行って来た。秋の紅葉時に白山ファストパッキングした時に訪れた以来だが、どんだけ雪がついて地形が変わっているか非常に楽しみ。

白川郷のトヨタ自然学校からアプローチ開始。



b0220886_1373273.jpg

ウォーミングアップがてらに林道をしばらくスノーシューイング。

b0220886_1381618.jpg

いよいよ登山口到着!とは言っても、無雪期に訪れた時は大きな登山口の看板があったのだが、雪で全埋まり(笑)

b0220886_139554.jpg

登山口から急傾斜の尾根を登ってしばし休憩。ここら辺からブナの木々が多く出て来る。久しぶりのハイクはホンマに気持ち良い!トレイルランニングでこの秋冬は山は頻繁に登っているが、この雪の上をスノーシューで登るのはまた格別!

b0220886_13123497.jpg

b0220886_13124744.jpg

さらにまた高度を上げて、メインの大きい尾根に乗っかる。ここでおにぎりなどを食べて少々休憩。この頃から曇りだった天気も回復して青空の快晴になった。

今回のメンバーは自分&GI中村ムーがスノーシューチーム、高木商会Nobu&Moto二人がスプリットボードチームと計4人の男だけのメンバー(笑)

b0220886_13162184.jpg

b0220886_13163513.jpg

b0220886_13165991.jpg

b0220886_1317921.jpg

尾根に乗っかってからのハイクが傾斜がハンパなくスプリットでのシール登りはかなり手強そう。青空の天気の中、少しガスが出たりして太陽に照らされてかなりカッコええっす!

b0220886_13255411.jpg

今回の秘密兵器はこのMSR/LIGHTNINGTM AXIS。ビンディングがより軽量になり、スリッパのようにただ足を突っ込んでから踵のストラップを留めるだけの新しいスピードロックシステム。ホンマにこれだけでスティープな斜面をハイクしてもブーツから外れないか心配だったが、踵のストラップさえきちんと留めてあげれば全く問題なし。装着・調整が超簡単で、今までのMSRの強みである雪面へのグリップ力は変わらずであった。やはり、MSRはテールが滑りにくいので、トラバースには最強です!

b0220886_1335488.jpg

b0220886_13351836.jpg

b0220886_13353253.jpg

b0220886_13354472.jpg

すでにかなり登ってきたが、抜群の展望とドピーカンの天気が最高で、まさに「The DAY」!

b0220886_13371497.jpg

横を見ると、すぐにでも滑り降りたくなる美味しそうな沢やツリーランセクションがいっぱい。マジでごちそうだらけ(笑)

b0220886_13402234.jpg

b0220886_13403967.jpg

b0220886_13405624.jpg

b0220886_134181.jpg

b0220886_13441234.jpg

b0220886_13412160.jpg

ここは白馬!?かなりのアルパイン気分が堪能できる。ドピーカンなのに、ほぼ無風でしかも全然気温が上がっていないので、前日に降ったパウダーの雪が全く解けておらず死んでいない!サラッサラー。

b0220886_13445338.jpg

b0220886_134591.jpg

あとはこの最後の斜面を登り切ればトップ!

b0220886_13484593.jpg

b0220886_1349124.jpg

ラッセルがそんなにキツくはなかったので良かったが、登山口からトップまで3時間半かからない位で到着した。日頃のトレイルランニングのおかげでスノーシューでの登りも昨年とは比べもんにならないほどスピードアップ。何より嬉しいのは、日頃から効率の良い登山の仕方を意識しているおかげで、疲労感が全然違う。やはり、ハイクアップは日頃からの楽しいトレーニングがあって成立する。トレイルランニングってホンマにシンプルでええ遊びです(笑)

b0220886_1355384.jpg

b0220886_13564913.jpg

いよいよトップからの下り!当然だけど、秋に来た時の景色と全く違う。今シーズンはホンマに雪が多いみたいやけど、紅葉も雪の景色も両方甲乙付け難い。

b0220886_140080.jpg

b0220886_1401232.jpg

雪崩が怖いので、トップから尾根沿いで少し高度を下げていく。気温が低いまんまなのか、結構なハードバーン。

b0220886_1414518.jpg

b0220886_1415668.jpg

b0220886_1421477.jpg

途中からメインの白谷へ入り、大きなバーンを滑る。この瞬間がバックカントリーの醍醐味です。ちょいパック気味のパウダーやけど、それでも信頼でき気の合う仲間と、誰のラインも入ってないこのドデカイ斜面が滑れるだけでホンマに幸せ!!!

b0220886_1433454.jpg

b0220886_1434644.jpg

b0220886_1435466.jpg

b0220886_144592.jpg

b0220886_1441938.jpg

b0220886_144313.jpg

どんどんパイプ状の谷を滑っていくと、後半はデブリーランドだったけど、雪が多いので全く川の徒渉はなし。

b0220886_1485678.jpg

滑る雪なので、そこそこ平地になってもバンバンと板が滑ってくれ、一回も板を外すことなくゴールへ。

最高の山と雪、そして仲間!素晴らしいThe DAY!!Thanks Mt.Nodanisouji!!!
何回かすでに滑りに来たことがある高木商会のNobu&Motoガイド Very Thanks!!!

b0220886_1411482.jpg

b0220886_14111468.jpg

最高なライディング後は、もちろん温泉!今回は車で少し降りたところにある平瀬温泉。高温だけど、源泉掛け流しで実にええお湯でした。入浴後は、ローカル名物の「とろろステーキ」これは、正直あまり期待はしてなかったんだけど、食べたらビックリ!かなり美味しい!とろろの中に地元名産の漬け物をしこんでおいて、ステーキ皿で焼いただけのシンプル郷土料理なんだけど、これは癖になりそうなお味です。

まだまだライディングできるラインは多くあるので、すぐにでもまた来たい!日本ってええなー。

by skyhighmw | 2012-03-09 14:15 | Comments(0)
<< 2012/03/3-4  ハイ... 丹生山系縦走路ロングトレイルセ... >>